勤務地 給与 maru

利用者さま満足度第一の運営で
訪問看護にじっくり向き合う

看護師(管理者)

常勤(正社員)

2018年入社

スターク訪問看護ステーション三鷹

細木 とも子さん

インタビュー

オープニングスタッフと土日祝休みが魅力で入職

もともと訪問看護に興味があり、大学のゼミでも在宅看護を選択していました。当時は、新卒が訪問看護に入るのは一般的ではなく、一般病院で7年間看護師の経験を積んでから訪問看護の仕事に就きました。

子どもに手がかからなくなったのを機に、スタークに入職しました。とはいっても、まだ手のかかることはあるので、土日・祝日が休めることと、子どもの急な体調不良に関しての退勤などに対応してもらえることが魅力でした。加えてオープニングスタッフ募集だったので、ゼロから職場をつくれる期待もありました。

はじめての管理者職にいまも悪戦苦闘中

スタークに入職して、約1年で管理者に就きました。それまで、管理者になることなど考えてもいなかったので、打診されたときは自分にできるのか不安が大きかったです。

管理者の仕事は、簡単にいえばステーションの責任者です。スターク全体の経営方針などに合わせて、管理者は自分の担当するステーションに配属された職員の人事管理や、職員教育、職場内の雰囲気づくりなどが担当業務になります。

訪問看護は利用者さまとマンツーマンでの応対になるので、そのスタイルは職員の個性によって変わります。まだまだ管理者として経験不足のため、自分のスタイルを中心に考えてしまうので他の職員へのアドバイスが難しいですね。そのためにも日頃からコミュニケーションをとって、各職員の個性を知ることが重要だと感じています。また、シフトの組み方も難しいですね。職員それぞれ技術や経験が違いますし、利用者さまの病状や介護度も異なりますし、移動距離も考慮しなければなりません。それをすべてすり合わせた上で、職員一人ひとりの負担に大きな差が出ないようにシフトを考えなければなりません。

管理者になって、まだまだ納得できる仕事はできていません。もちろん職員が成長していく様子を確認できるとうれしいですし、管理者になったことで学んだこともたくさんあります。それでも、そもそも訪問看護の仕事が大好きなので、利用者さまと接するほうが楽しいと思ってしまう自分もいます。

利用者さまだけでなく職員にもやさしいスターク

スタークはまだ若いステーションなので、様々なことにチャレンジしていきたいと思っています。 訪問看護を運営する企業の中には、売上ノルマや利益率の高い仕事をするよう指示される会社もあります。しかしスタークでは、そういったことがありません。利用者さまの満足を第一に考えた訪問看護ができる点も魅力です。

もちろん職員に対しても柔軟な勤務体制があり、給与水準も高く、働きやすい会社です。外部研修、社内勉強会などもあるので、未経験でも安心してスキルアップできますし、それをサポートする社風もあります。じっくり訪問看護に取り組みたいとお考えであれば、ぜひ一緒に働きましょう。

WORK STYLE

1日のスケジュール

8:45朝礼

朝礼

本日の予定確認、シフト確認

9:00訪問看護

訪問看護

利用者さま宅へ訪問  ※訪問の合間に管理者業務

12:00昼休み

昼休み

昼休憩1時間

13:00訪問看護

訪問看護

利用者さま宅へ訪問

17:00書類整理

書類整理

カルテ入力、書類作成・整理

17:45退勤

退勤

本日もお疲れさまでした!  ※フレックス導入中で日によって異なります

PAGE TOP